服部大次郎の日々雑感2019⇦2006

スケッチで遊ぼう http://ivorylamb1.sakura.ne.jp/

町の恵比寿さんとホセの娘さん

mchi 角にある”文字恵比寿さん”を小学校の一クラスが女先生を大将にぞろぞろっと見に来て、ぞろぞろっと帰って行った。
町の恵比寿さんに光を当てると、こうやって子供から大人までが見に来る。光が当たってないものにも光を当てる目を肥やしてくださいね。
さて、今回はブールデル:ラ・ロシュホセの娘です。

f:id:big2ro:20210615100416j:plain

 

梅雨の晴れ間に

横武のクリーク公園に行った。
ボク以外にホタルトンボの種族が飛んでいるだけ。誰もいない。大量にいたミシシッピー赤耳亀も全く姿がない。ギンヤンマの宝庫だったのにホタルトンボ以外に昆虫らしい個体はも見当たらない。クリークの水はドブ色に濁り、水草の類はいっさいない。
数年前来た時には全ての菱が駆除され陸に上げられていたが、まだミシシッピー亀はうじゃうじゃいてギンヤンマは一匹もいないという奇妙な風景だった。水質か?カメの増殖?か異常が発生しているようだ。クリークにペットボトルで狭い囲いを作り、その中に新たに菱の葉を育てているようだが、一体いどうなっているのか?かろうじてシマヘビがくねくねとクリークを泳いで渡っていたからまだクリークの環境ではあろうが、早く水性土動植物や昆虫が生息姿に戻らないと、人は来ないは、本来のクリークの環境ではなくなっていくようだ。
さて、いただいた黄色いユリを花瓶にさしてトンと目の前に置かれた。うん!息抜きに描かいてみようか。

f:id:big2ro:20210609103714j:plain

SM

 

f:id:big2ro:20210609112443j:plain

F4

梅雨のころ

今夏、2つ目のスイカです。
記憶の風景より梅雨時の「雨がしとしと」。
両親が留守の家に上がり込んで、花札や将棋をしていました。
 
※清〇宜行さん、連絡ください。

f:id:big2ro:20210606105336j:plain

重さ:12キロ  F4

 

 

f:id:big2ro:20210606105625j:plain

両親が留守の家で花札、将棋、その他何でもしてました。

2019年オープン。那覇 GRホテル ロビーにある(南の島をイメージ)した作品。

沖縄に行かれましたら見てください。

f:id:big2ro:20210603122835j:plain

77.5㎝×57㎝

 

f:id:big2ro:20210603122930j:plain

GRホテル 那覇

TOGARI・戸ヶ里

「TOGARI」
戸ヶ里もTOGARIでもきれいなロゴになる。
海苔船のほとんどが陸に上がって、メンテナンスやしばしの休息に入っている。いつの間にか季節は梅雨。例年より三週間も早いという。大麦はなんとか刈ったが小麦はまだ熟れてないという。
田植へといっきになだれ込む。
戸ヶ里の狭い葦原ではヨシキリがしきりに鳴く。
ヨシキリとひなを見ようと目を凝らすが姿は見せず。
自然とはおもしろい。
 
※清〇宜行様、連絡ください。

f:id:big2ro:20210529092457j:plain

F6